自己啓発セミナーや宗教にハメる詐欺師たち。洗脳のメカニズムとその手順

こんな人が自己啓発セミナーや宗教にハマります。
あなたがもし当てはまることが一つでもあれば、十分に注意してください。

・怒られることに免疫がない人
 他人が理不尽なことで起こっても自分が悪いと感じてしまいます。

・認められることに快感を覚える人
 認めてもお金を払わずにあなたを無料で利用しようとしてきます。

・真面目で純粋な人
 悪い事も疑わず相手の善意だと思っていると犯罪にも巻き込まれやすくなります。

以前の私は全て当てはまりました。

怒られることに免疫がなく、相手が怒っていると全部私のせいとしていましたし、認められることを求めて、マルチ商法にはまったり、真面目で純粋で、人が嘘をつかないと思っていたら、犯罪に巻き込まれそうになりました。

なぜ人は洗脳されるのか?

自己防衛本能が原因

人は攻撃されると3つのパターンを取ります。
①戦う
②逃げる
③立ちすくむ

動物も同じで人間が猫を追い込むと同じような反応が起きますよね?
①戦う:猫が飛びかかってくる
②逃げる:塀を乗り越える
③立ちすくむ:どうしたらいいかわからず足が止まる

あなたも人間ですので、どれかが起きるのですが、本来なら、「戦う」のが人間です。
しかし、
②逃げる
③立ちすくむ
といったときにあなたは狙われます。

②と③は戦わない選択で、相手にスキを見せる行為です。
そのスキを狙って、詐欺師は攻撃していきます。

「逃げたあなたが悪い!」
「立ちすくむのは、思考停止!どういうことだ?」

と恫喝してきます。

相手が理不尽な事を言っているなら反撃をできるのですが、②と③に陥っていると、反撃を出来ないので、全てを自分が原因と受け入れてしまうのです。

誰もが陥る自己同一化とは?

心理学で自己同一化というものがあります。

「自分=自分以外のもの」になってしまうことです。
自分以外の思想や商品を否定されると、自分が攻撃されていると感じてしまうことです。

例えると
(例)
・セールスマンの場合
自分の会社

・宗教やMLMの場合
宗教やMLMの上層部に自己同一化を起こして、自分の考えは偉いと思いこむこと。

・有名人
有名人と友達だから自分は凄いと思い込むこと。

自己同一化のやばさ

自己同一化が起きると被害者意識に陥り、他者攻撃が始まります。

先程の「②逃げる」、「③立ちすくむ」モードから一転して、「①戦う」モードになるのですが、いわゆる開き直りです。

人は不思議なもので開き直ると、根拠のない理由で、自分が凄いんだと思い込みが起こり、凄い何かを後ろ盾に、無意識的に相手に攻撃が始まります。

以前の私がネットワークビジネスをしていた時、「ボスの親玉は凄いんだ。ボスが自分を認めてくれた。だから僕も凄いんだ。だからこのネットワークビジネスが分からないあなたが悪いんだ」とお花畑の発想をして、完全に痛いやつでした。

自己同一化した人の特徴

自分(私)達の考え方は、こんなにも優れているのに、なんで伝わらないのか?
それが伝わらないのは、「理解しようとしない相手が悪い」と不遇で哀れな人たちと置いていくのです。

自己同一化から抜け出す方法

周りの人と精神的・物理的な隔離状態に置き、「友達と連絡を取らせない」ことを進め、また「否定する人は、アンチや夢泥棒と呼ぶ」ことで、詐欺師の支配下に置いていきます。

つまり、友達や家族の断捨離ってことですね。

なぜ洗脳は起きる?洗脳のメカニズム:3ステップ

①思考混乱
②思考停止
③洗脳開始

詐欺師の手法は共通していますが、自己啓発セミナーがわかりやすいので、説明します。

①思考混乱

この思考混乱では、過去のことを思い出させます。

過去の出来事をワークで思い出させて、涙を流したり、怒ったりすることを誘発します。
受講生は喜怒哀楽の状態のため、思考が奪われてふわふわ状態です。

喜怒哀楽が暴走すると危険な状態になりますが、講師は「全ては今に繋がっている」とか「人生に意味無し」というキーワードを連発して、喜怒哀楽は良かったものなんだと錯覚を起こさせます。「自己啓発セミナーに参加して良かった」と思うのです。

講師が受講生に威嚇をする。

次に講師が受講生を攻撃をします。

完全否定です。
「全ての行動はあなたに今のあなたに原因がある」といって、理不尽な思いをさせます。

何をしても全部ダメです。「あなたのやっているいことは見当違いよ。」
またリーダーシップを発揮しようとしている人を潰しにかかります。

「あなたが悪いんでしょ」、「あなたが弱いものだから原因だ」、「あなたは傲慢だ」といった攻撃をして、恐怖に陥った受講生が萎縮し始めます。

②思考停止

思考停止した人は、「何が良くて、何が良くないのか?」が判断基準わからなくなります。
そして、何かにすがりたくなります。

そこで絶対的なルールを決めているのは、詐欺師の講師です。
「詐欺師の講師が言うことが絶対」という環境を作るのです。

③洗脳開始

最後に、新しい思想を植え付けていきます。

「これが正しいの。絶対にルールを守りなさい」と洗脳します。

もしこのルールを破ったものは反逆者として吊るし上げられます。中世の魔女狩りさながらのとんでもない行為です。

ちなみに自己啓発セミナーでは、外部とスマホで連絡取れないよに出来ないようにします。

そのため朝から晩まで行われたり、チームを組ませて話し合いの時間を取らせたり、自分に向き合うという名目の宿題を課題に出します。

すると睡眠不足状態になり、判断能力が失われます。

脱洗脳は本人の自助努力が必要。

脱洗脳は外部からアプローチしても聞けないことがほとんどです。
自分がやばいと思わなければ、脱洗脳の効果はありません。

洗脳を脱出のきっかけとなるタイミング

お金を失う時

私もパターンで抜けるきっかけを作りました。
お金があるうちはいいのですが、借金まみれになった瞬間にこのままではやばいと気づくようになります。「XJAPNのToshiさん」もお金がなくなって、バンドを再結成をすればいいと言われて気づいたようです。今までXJAPANのバンドを完全否定していたのに、真逆のことをいいだした瞬間に金づるにされていたと気づいたとのことです。

集団の環境のヤバさに気づく

 
集団の環境から離れて一定期間立つと気づきます。集団の環境に身を置くと、ミーティングや会議や打ち合わせと称してずっと連絡を取り続けます。

電話やLINEグループ、課題などで、一人になる時間はありません。連絡を取らずに3ヶ月位たってくると気づいてくるのです。

まとめ:自己尊厳を上げる

あなたが洗脳にはまらないためには、「自己尊厳を上げる」ことが何よりも重要です。

最新情報をチェックしよう!