奴隷階級の労働集約型と、支配者層の知識資産構築型のビジネスの違いとは?

あなたは、お金を追い求めてビジネスをしていませんか?
多くの人はビジネスをする時に、お金の奴隷になってしまっています。

なぜなら、お金を生み出すことは、資本主義で最も守らなければいけない厳格なルールだからです。
ビジネスは、資本主義において一番レベルの高いものです。
ビジネスをする大勢の人は、お金を求める為に、お金の配下に置かれてしまうのです。

実は、お金の奴隷とは、お金を追いかけてしまう行為なのです。
ビジネスでは、常に忙しくて、何か振り回されている状態に陥りがちです。
しかしそれは大変危険な兆候なのです。
この危険な兆候とは、取引先、従業員、顧客という人であったり、仕事や雑務などの業務であったり、様々な形をしています。

忙しい状態に陥ると、あなたの思考は正常ではなくなり、理性の働かくなります。
それは、どういう状態でしょうか?
理性に制御が効かず、本能が優位になりますので、欲望のままに行動することになります。
ビジネスとしてお金を得る行為に正常な判断が効かなくなります。

よって、お金の奴隷とは、お金を追いかけてしまう行為と言えます。

あなたにもこのような経験があると思います。
安い費用で引き受けて奴隷のようにこき使われたり、お客だと思っていた相手がモンスタークレーマーであったり、時間換算すると低賃金になってしまうのです。

または高額で引き受けてしまい、仕事がその対価に見合わずに悪評や悪い評判がたってしまうこともあります。
ビジネスでは、適正価格ということは守らなければならないのです。

ビジネスで最も重要な事は、適正価格ということは守らなければならない事なのです。

このようにお金の奴隷になってしまう現象が起きてしまうのは、あなたのビジネスが労働集約型だからです。

労働集約型のビジネスでは、人を使って対価を得るビジネスモデルです。
このビジネスモデルでは、労働の対価として、賃金を受け取ります。

多く人を雇入れるほど、収益が上がってきます。

しかしながら、その代償として大きなペナルティも存在します。

もし、人が辞めてしまったり、ストライキで仕事をボイコットしたり、期日に間に合わなかったりすると違約金や罰金を支払わなければいけません。

では、お金の奴隷から抜け出すにはどうしたら良いのでしょうか?

実は、この対局にあるのが知識資産構築型のビジネスです。

知識資産構築型では、一度行った仕事の経験値やスキルを使って、労働集約型のビジネスモデルをスリム化したり、同業他社を支援するコンサルティングを行って収益を上げていきます。

コンサルティングだけの場合は、労働集約型になってしまいます。
ですから、あなたは最も大切な寿命時間を大きく取られてしまいます。

これを解決した方法が、真の知識資産構築型のビジネスモデルです。
これを見れば、確実にお金の奴隷から抜け出す事ができます。

この動画をぜひ今すぐ見てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発、ネットワービジネス、スピリチュアルで1000万円使い、収益0円。借金してどん底に落ちました。独学でWEB制作とマーケティングを学んだ失敗と経験を糧にマーケッターとして活動しています。

コメント

コメントする

目次