私の墜落人生の始まり。詐欺師は身近にいる。断れない人ほど注意を。

私が大学院時代に不覚にもネットワークビジネスに手を出してしまいました。
丸の内の一等地にあるアロエベラのネットワークビジネスの会社です。

私はインターネットでビジネスができるのではないかと考えていました。
当時、ドロップシッピングという手法が流行り始めていました。
しかし、ドロップシッピングを利用するには、初期投資2〜3万円、月額1万円の利用料が必要でした。
サポートが受けられるかも受けられないし、SEOなどの知識も不十分でした。

大学院時代には、心理学やマーケティングを片っ端から本を買っては読んでおり、その中で、「ザ・バイブル」という本と出会いました。
ネットワークビジネスでは、必ず読むという定番中の定番の本です。

口コミ型で組織を使ったネットワークビジネスという手法があるということを知りました。
そこに書かれたものは、大変興味深いものです。

大きな収益を得るための道程は長く、組織方法で何度も壁にぶつかり乗り越えなければいけない。
そのためには、メンター(師匠)という存在が必要。

私には無縁だろうな思っていたところ、数日後に大学の友達と話していたときです。
たまたま「起業をしたい」と話していました。
その会話を聞きつけたのが「ユッキー」という文学部留年中の年齢も同じ大学生です。

「ぜひ、一度、話をしよう」

これが、私がネットワークビジネスを始めることになったきっかけです。

後日、お茶をすることになりました。
そこは、雑貨が置いてある私も普段行かないようなおしゃれなカフェでした。

そこで、夢やどんなことをやりたいかを聞かれて、語っていました。
ドロップシッピングを始めようとしていると伝えて、インターネットビジネスがこれからどんどん市場として面白くなると話していました。

すると、彼も実は起業準備をしており、まーこさんというメンター(師匠)がいるということです。
駅前にある有名百貨店のアパレル部門で売上を立てている女性が親身になって相談してくれるということでした。

私はぜひ会いたいと伝えて分かれました。

後日、まーこさん、ユッキーの3人で会うことになりました。
まーこさんは、起業に関して親身に相談に乗ってもらいました。
第一印象は、まーこさんってすげーいい人だなと思いました。

これは、ネットワークビジネスで言われているABCと言われる手法です。

A:アドバイザー:まーこさん
B:ブリッジ:ユッキー
C:カスタマー:私(水谷)

断りにくい状況を作って、簡単にたらしこめられる方法です。

しかし、1時間を過ぎたときです。
ドロップシッピングのことを伝えると、その方法は絶対に失敗すると。
楽天もアマゾンも浸透していない時期なのと、アパレルを売ってきた彼女からするとネットで服は売れないと断言していました。
ちょっと気性が変わったような印象も受けました。

そして、口コミ型のビジネスがあり、国もその方法を支援しているという案内でした。
正直なところ、ドロップシッピングに自信もなかったのと、起業を一人でするには不安があったのも事実です。

一度は、そのビジネスは断ろうとしました。

しかし、初めて勧誘されたもので、よくわからないまま、どうすればいい分からず、一晩悩んだ上で心がモヤモヤするまま登録してしまいました。

アロエベラジュースという興味のないもので、月に1万2000円で学生の私にとっては高い買い物でした。

ただ、まーこさんの師匠(メンター)である先生から商売の学びを得たかったのも事実です。
その先生は、CMでも有名な化粧品の代理店販売で日本一を3回取ったそうです。

ここから私の墜落人生が始まります。
今、考えていれば、ネットの世界にもっと早く入っておけばと思います。

あなたに商売を持ちかける9割の人が詐欺師だと思ったほうがいいです。
あなたに詐欺師から身を守る方法を伝えていきます。
メルマガに登録すると、定期的に情報を受け取れます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発、ネットワービジネス、スピリチュアルで1000万円使い、収益0円。借金してどん底に落ちました。独学でWEB制作とマーケティングを学んだ失敗と経験を糧にマーケッターとして活動しています。

コメント

コメントする

目次