悪魔の顧客に決して捕まるな! それは、顧客の顔をしたテロリストに他ならない!

あなたは、売上を追い求めるあまり悪魔の顧客に捕まっていませんか?

悪魔の顧客!
別名をサイレント・テロリストと言います。

創業当時は、売り上げを作る事が大変で、経営は苦しいのですが、決して売上を追いかけてはいけません。
売り上げよりももっと大事なものがあります。
それは信頼関係です。

顧客との信頼関係は、売り上げの数字の1億倍大切だと思い込んで下さい!

顧客の信頼を追いかけて、顧客の利益の為に、実績と経験を積むからこそ、お客さんがあなたの誠実さに、お金を払うという手段で尽くすのです。

しかし、こちらの誠意を逆手にとって悪事を働くサイレント・テロリスト、つまり悪魔の顧客がいます。

ビジネスは、顧客のふりをした、顧客でない、顧客もどきの、偽顧客を排除することから始まります。顧客の顔をした悪魔を排斥する事から始めなければならないのです。

不要な顧客を寄りつけないようにするためのリスク管理を常にする事が重要です。
良心的にこれを行う事から、「エンジェル・サーチライト」と呼ぶことも可能です。
つまり、天使の眼を持って常に監視しておく事が重要なのです。

気持ちはエンジェルなのだけれど、やる事は刑務所の監視塔、パノプティコンにならなければならないのです。

顧客は、3種類に分類されます。

1.強者(B to B)
2.中間層(B to C)
3.弱者(病人・精神病)

起業当初は力がないために、強者のB to B(企業間取引)に持ち込むことは難しいですね。

多くの起業家は、「2.中間層(B to C)」に取引を始めることでしょう。

B to C(企業対個人)では、多くのことを学べます。

経験・実績がなく、信頼のないあなたから買ってもらうわけですから、市場の相場より値下げをしたり、アフターサポートを充実させるなど、お買い得感を与えて売ることになるでしょう。

売った後も大変です。
一般的に個人のお客さんはワガママで相場や他社の価格などを知らないために、無茶な要望、そして多くの要望を言ってくるからです。

そこで大きく得られることがあります。それは、経験を積む事から得られるノウハウです。

経験を積んでノウハウを蓄積していけば、起業家と会社の信用はどんどん膨らんでいきます。

そして、2.の中間層の特徴は、誠実に対応すれば、きちんと支払いをしてもらう事です。
また彼等に対して顧客教育をしていけば、継続的に再購入のあるお客さんになってもらえます。

通常は、ここの「2.中間層」のお客さんとの取引で経験を積んだ後で、ようやく次には、「1.強者(B to B)」の市場を狙うことになります。
大きな売上を求めて、1つあたりの取引額が大きく見込めるからです。
起業当初よりも、自分たちの取り組むべき内容を把握しており、幅広い業務知識も増えているため、技術やノウハウ、経験値があるわけですから、ほとんどのリスクやトラブルに対して回避する技術を持っています。

しかし、「2.中間層(B to C)」に対する取引で経験をつめていない場合は、「3.弱者(病人・精神病)」をお客さんとして狙うことになります。
彼らは、基本的にお金の支払いが悪くて、悪質なクレーマーになりやすい体質を持っています。

彼らは一見、知識がないようなので、お客さんとして取り込み易く、相手をしやすいように感じてしまいます。
「契約したら、必ず上手くいく」という文言で、すぐにホイホイ契約してくれるような人たちです。
そのために、まるでゴキブリホイホイにゴキブリを誘導するように、相手の財布のお金を自分達に出させるために、ただお金を得る為だけの目的でクロージングをかけていきます。

しかし、それは大きな落とし穴があります。
彼らは、自分で決して努力しようとはせずに、自助努力するよりは、「お金を払ったら、相手がなんとかしてくれるだろう」という気質を持っています。
全て相手任せで、自分の思い込みと寸分でも違ったら「騙された!」って言います。
このような人をお客さんにすると、度を越すわがままやクレームを言ってくることになります。
また未払いや支払い遅延を起こすことになります。

そのような人を顧客としては、絶対に相手をしてはいけません。

本当に安定した売る上げを作り、ウナギ登りの好業績を作れるようになるかどうかは、あなたが起業後の2年以内に「2.中間層」のお客さんに誠実に、まじめに仕事を取り組んだかどうかに全てかかってしまいます。

もしあなたに、誠実さからの、逃げの姿勢が少しでも見えてしまえば、「3.弱者(病人・精神病)」が近寄ってきます。
また、どうしても売上を上げるために、理不尽な条件の契約や、怪しい会社との取引に手を染めてしまうことになります。

このような「3.弱者(病人・精神病)」に一度関わってしまうと、ほとんど、二度と抜け出すことはできません。

永遠にあなた個人、そして会社は、クレームを呼び続ける会社になります。

あなたに関わっている「2.中間層」のお客さんも、まともなサポートを受けられなくなり、あなたの元を離れてしまいます。

あなたが不要なお客を呼び寄せたくないのであれば、あなたの起業家としての心構えを固めねければいけません。
今からでも遅くはないのです。

あなたの近くにもいませんか?
暗い顔をして万年ノイローゼやうつ病の目つきで、怪しい仕事に手を染めているネット起業家を。

お金が入るからって、なんでもかんでも仕事を受け入れ、挙句の果てに、ポルノ産業や風俗産業、アダルト産業や違法業務の仕事を無理矢理させられているIT起業家達を!

彼等の仕事の裏には、必ず反社会勢力がいます。
麻薬や覚醒剤などの違反薬物や密輸の手伝いをさせられている場合だって多いです。

よってネットビジネス関係者って全然社会の上層部としては受け入れられないのです。

どんなに一時的にお金が入ってきても、夏の夕立の雨のようなあっという間の成金野郎達がほぼ98,7%です。

まさに日本のネットビジネスは「ゲリラ成金ビジネス!」と呼べるかもしれませんね!

「ゲリラ成金ビジネス」には決して手を染めてはなりません!

あなたは「ゲリラ成金ビジネス」の起業家になりたいのですか?

もし、あなたが一時的な「ゲリラ成金ビジネス」から抜け出したければ、必ずこの講座の動画をご覧下さい。

そうすれば、必ず堅気のまともなIT起業家に生まれ変わる事ができます。」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発、ネットワービジネス、スピリチュアルで1000万円使い、収益0円。借金してどん底に落ちました。独学でWEB制作とマーケティングを学んだ失敗と経験を糧にマーケッターとして活動しています。

コメント

コメントする

目次