インターネットの検索されるのは、フラストレーション解消のため

インターネットで検索されるのは、「フラストレーションを解消する」ためです。
このフラストレーションとは、「不安」、「ストレス」、「悩み」、「憤り」、「怒り」、「欲望」を含めたものです。

インターネットを使って最初にまず悩みを解決したいキーワードを入力します

Googleなどの検索エンジンで検索する場合は、なぜ検索サイトを開きますか?
悩みを解決したいからです。

検索する際の悩みは、2つに分けることができます。

①知りたい
②解決したい

知りたいは、言葉の意味が分かれば、終了

言葉の意味や、内容の定義さえ分かってしまえばここで解決は完了です

悩みを解決したい場合、深いほど検索は続く

悩みを解決するために記事をどんどん探していきます。
もちろん無料や低コストで解決できる方を探しています。

ここで悩みに対して解決する手段(記事)を探していく中で、自分の悩みと一致しているかを探っていきます。
自分の悩みに共通していない悩みは基本的スルーです。宣伝記事や的はずなものは全てスルーされます。

悩みに解決するまでに解決するコスト

自分の悩みに共感する記事に関しては深く読み込みます。googleの検索ページで、1ページで見つかる場合もあれば、数ページに渡る場合もあります。

「体臭」に悩んでいる人が、口臭を消す方法を探したとします。
すると、体臭を消すには、歯磨きをすることが重要。しかし、加齢臭もあり、割けれられないものがあると知ったとします。

ここに1つインターネットの罠があります。

インターネットを使っていると、時間を浪費しているのです。
この浪費した時間を取り戻したい、できるだけ短くしたいという気が出てきます。

これは、収入により、時間の体感値が変わってきます。

社会人と学生で、時間い対するコストが違うのです。

社会人であれば、インターネットの検索する時間を途中でこの時間をもう終わりたい。検索を辞めたいと思うようになります。
時間は限られているからです。

商品購入するのは、面倒くさいと感じた時

もし、ここでサプリの紹介記事があり、その製品が5000円で売っていたとします。
学生なら買わないですし、社会人も躊躇します。

それがキャンペーンで500円で売っていれば、どうでしょうか?
ダメ元で、直ぐに商品購入するのです。

情報価値であれば、メールアドレスで登録

ブログやオウンドメディアで、悩みに対して解決する情報を提供している場合、読者は「この人からもっと学びたい」と言う気持ちになります。

記事の書き手が「学びたいかを明確」にしておけば、読者は書き手とコネクションを取りたいとうようなります。
ここでランニングページ(メールアドレスの集めるためのページ)を用意して、メールアドレスを取得します。

登録しないと見れないプレゼント攻撃

スルーされる可能性もあるので、行動を促します。
PDFや動画などのプレゼントとの引き換え条件にするのです。
このプレゼントとは、根本的な悩みを解決できるものです。

検索されるのは、「今スグ解決したい」という能動的に行動する人たちのみ

検索するのは、既に悩みがあり、検索までして解決したいという能動的に動いている人たちの需要に対してでした。

SNSが新しい顧客を見つける手段になった

SNSの需要によって登場によって流れが変わりましてSNSは仲の良い人の小さな瓶の底です。デパートのようなものです
パーティーのようなものですSNSのSNSの個人のものについては今と言うふうに例えてことができます

SNS内のコミュニティはパーティです。
パーティーで宣伝活動したら終わりは引いてしまうでしょう。

しかし、あなたがどのようなことをしているかどういうことを提供できるかを語ると周りはあなたに対して興味を持つことができます。

SNSは小さく発言することを積み上げること思って大きな発言力を持つようになりました。

そのためSNSの1回の発言は長くなりならない方がいいです。
何故かと言うと宣伝活動だと思われてしまうからです

宣伝活動にならないためには小さく発言した後にそこから別のページに飛ばすようにしましょう。
あなたの宣伝活動は小さく発明しながらも間に影響することができます

本音を小さくつぶやいて、解説をブログで語る

twitterなどでは、つぶやく際に、100文字から150文字で本音をつぶやいて、解説用の記事のリンクを貼り付けて、興味ある人だけが読めるようにします。

興味を持った人だけに情報を届けるのは、ほとんどの人はあなたの宣伝活動に対して興味がないです。
パーティーに参加したとき周りが熱心に勧誘活動してきたら、あなたは気分を害します。

それと同じだと考えてください

SNSの登場によってより世界は身近になりました。
個人の発言が世界中の至る所に届くようになってからです。

SNSの特徴は連続性することで、相手に届く

SNSは、連続して発言することによって、1つのメディアが完成していきます。
1回あたりの投稿が10秒しかかけられなくても、時間をかけることによって、認知度が上がっていきます。

また個人的なものなのかビジネス的なものかを切り分けなければいけません。

Facebookでは個人ページでは個人のことを、Facebookページでは、ビジネスをつぶやきます。
個人のページは、パーティーの勧誘活動と同じだからです。

そして、Facebookページにビジネスのことをつぶやいた後に、あなたの個人のページでにシェアして知らせましょう。

あなたの友人は、公私混同しないと判断されるからです。勧誘されていないと感じるのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己啓発、ネットワービジネス、スピリチュアルで1000万円使い、収益0円。借金してどん底に落ちました。独学でWEB制作とマーケティングを学んだ失敗と経験を糧にマーケッターとして活動しています。

コメント

コメントする

目次